2005年7月7日木曜日

T型フォード殺人事件

広瀬 正(新鋭推理作家書き下ろしシリーズ、講談社、1972/6/20)

「T型フォード殺人事件」は広瀬正の遺作となる。

老社長宅に集まった七人の男女に、日本に5台しかない1924年製T型フォ−ドが披露される。
メンバーは、主人の泉大三、娘のユカリ、娘のフィアンセのロバート・ジョーダン、
小説家の白瀨、大学助教授の早乙女寛、医師の疋田善三、自動車修理工の蘇我二郎。

このT型フォードは、医師、疋田善三の祖父が大正14年購入したものを、泉大三が譲り受けたものだが、46年前のある事件を切っ掛けに死蔵されていた。

その事件とは、鍵の掛かったT型フォードの車内に死体が置かれていたという密室殺人事件だった。
台風の夜、密室殺人事件の真相を探るゲ−ムが始まる。

0 件のコメント:

コメントを投稿