2010年7月28日水曜日

紫色のクオリア

うえお 久光(アスキーメディアワークス、2009/7/10)

SFが読みたい! 2010版、ベストSF2009国内編10位の作品。
帯のコピーに「人間が”ロボット”に見えるというー」とあり、いったいどんな話かと探りながら読み始めた。
あまりライトノベルは読んでいないが、これはなかなか面白かった。

中学生の視点で、量子力学、平行世界やシュレディンガーの猫を語ると中々解りやすく、また、日頃から「同じものを見ていても自分と他人では同じ物とは限らない」と思っているのだが、タイトルの”クオリア”が感覚質といわれる「頭の中で生まれる感じ」の事と本書で知った。

しかし、マナブはいったい何年生きたんだろう??

Contents
鞠井についてのエトセトラ
1/1,000,000,000のキス
If

主な登場人物
鞠井ゆかり:人間がロボットに見える、また、何でも修理できる。人でさえ。
波濤学(マナブ):殺人鬼に切断された左腕をゆかりに携帯電話で”修理”してもらったことで平行世界に通じるようになったゆかりの友達。
天条七美:ゆかりの幼なじみ、小さいときにジャングルジムで大けがしたが、ジャングルジムの部品で”修理”してもらった。
アリス・フォイル:JAUNTからゆかりを勧誘にきた天才少女

0 件のコメント:

コメントを投稿