2005年11月23日水曜日

象(かたど)られた力

飛 浩隆(ハヤカワ文庫JR、2004/9)

SFが読みたい2005「ベストSF2004」国内篇第1位になった作品。
短編4作品からなる本書は、1985-1992年までの作品が収録されている。
筆者は「ポリフォニック・イリュージョン」で第1回三省堂SFストーリーコンテストに入選、ASFマガジン1983年9月号発表の「異本:猿の手」で本格デビューを果たす。
以後、「象られた力」ほか、斬新なアイデアと端正な筆致による中短篇を同誌に発表するが、1992年の「デュオ」を最後に沈黙。
2002年、10年ぶりの著作にして初の長篇「グラン・ヴァカンス廃園の天使1」(ハヤカワSFシリーズJコレクションが「ベストSF2002」国内篇第2位を獲得している。

「棚ぼたSF作家」飛 浩隆のweb録  http://d.hatena.ne.jp/TOBI/

収録作品
---
デュオ
SFマガジン1992,10月号、初出。
天才ピアニストをめぐる音楽SF。
語り手の回想というかたちで物語は進む。

呪界のほとり
SFマガジン1985,11月号、初出。
呪界と呼ばれる世界からふとしたはずみで別の世界にとばされてしまう万丈と竜。
助けてくれた老人は、その世界でたった一人の住人。

夜と泥の
SFマガジン1987,4月号、初出。
テラフォーミング(地球化)した惑星をリースするリットン&ステインズビー協会から買い取った惑星で起こる奇妙な現象。

象られた力
SFマガジン1988,9-10月号、初出。
謎の消滅を遂げた惑星「百合洋(ユリウミ)」で使われていた図形言語を解析する鍵となる「見えない図形」を探すことを依頼される主人公・クドウ圓(ヒトミ)。
テーマは「もの」と「かたち」と「ちから」。

0 件のコメント:

コメントを投稿